食費を節約しましょう。

お金を使うことと言えば、食費です。
その食費を節約するために、基本的に昼食は家から用意して行くようにしています。
それも、新たに作るのではなく、夕食の残りをつめることで節約をしています。
また、デートの際の昼食も家から用意して行くことにしています。
お互いに用意するのではなく、デートの度に交互に用意しています。
これがとても楽しいのです。
まず、お互いの家の味を知ることができることが何よりも嬉しいものです。
基本は夕食の残りを詰めてきますが、時間があれば朝作ってきます。
手料理を味わえるのもやはり幸せですよね。
また、時にはおにぎりを作ってくることもあります。
これなら料理の苦手な人でもできます。
おにぎりでも、ノリの巻き方や中身の具、握り加減などに家庭の違いが出て面白いですよ。
慣れてきたら、中身の具を面白いものを考えて、あてっこをしたりするのも楽しいです。
昼食は一人で安く済ませたとしても500円ほどかかりますし、デートだと1000円ほどかかるでしょう。
毎日のことなので、そこを節約するだけでかなりの節約になりますよ。

節約デート方法

私は恋人がいます。
私も恋人も低収入なため、節約デートを行っています。
節約デートは基本的に近所の公園で行います。
好きな人となら一緒にいるだけで楽しいものです。
その上、手をつなぎながら公園内を歩くのは幸せです。
二人のペースでただ目的もなく歩いていると、色々な話ができて楽しいですよ。
また、公園内には様々な草花が咲いています。
季節を感じられて、とても幸せな気持ちになります。
季節の草花と記念撮影をすると思い出にもなりますよ。
それでも、いつも公園デートだと流石に飽きてしまいます。
そんな時には、お祭りへ行きましょう。
案外と色々なところで定期的にお祭りは開催されているものです。
お祭りに行くと、大道芸が行われていたり、演奏が行われていたり、ダンスが行われていたり、様々な催し物があるものです。
楽しいお祭りの雰囲気の中で、そういった催し物を無料で観られるお祭りは最高だと思います。
このように、節約してでも楽しめるデートの方法はたくさんあるのです。

交通費で節約しましょう。

私は節約生活をしています。
収入が少ないため、日々の節約に気を付けることで、生計を保っているのです。
その一つが交通費の節約です。
できる限り、定期圏内で全ての用事をすませるようにしています。
しかし、どこか特定の場所へ行く場合や、誰かと会う場合などは、定期圏外になってしまうこともあります。
そんな時には、定期圏外の範囲が一駅や二駅なら歩いてしまうのです。
近い駅なら15分とかからず歩くことができます。
歩いている中で、かわいいカフェをみつけたり、オシャレな雑貨屋さんをみつけたりして、楽しい時間を過ごすことができます。
また、運動にもなるので身体にも良いですよね。
定期圏外の駅が例えば5駅もあったりすると、流石に歩くことは大変です。
その場合は、途中で乗り換えがあるのであれば、乗り換えを挟むと交通費が高くなるので、乗り換え駅まで歩くなり、乗り換え駅から歩くなりしましょう。
一駅片道150円だとしたら往復で300円の節約になります。
この300円の積み重ねがとても大きいのです。

友人との食事はおまけに注意して節約します。

友人との付き合いは、どうしても出費があるものです。
しかし、その中でもできる節約方法をご紹介します。
友人と久しぶりに会う時には、近況報告をし合うものだと思います。
その時には、立ち話や歩き話ではなく、一緒にお店に入って食べたり飲んだりしながらになるでしょう。
そして多くの場合はランチタイムになるのではないでしょうか。
その時にできる節約方法は、おまけをつけないことです。
例えば1000円のランチタイムは確かに安くてお得です。
しかしそこに、プラス200円でドリンクセット、プラス300円でデザートセット…などとすると、出費が増えてしまいます。
ドリンクなら水が飲み放題ですし、デザートは、食事の後だとお腹がいっぱいになってしまっているものです。
たかだか200円や300円だと思うかもしれませんが、このちょっとの節約が大切なのです。
付き合いという面では、ランチを頼むことでクリアしていると思います。
友人がおまけをつけていても、付き合いでつける必要はありません。
いつでも節約を意識するようにしましょう。